食戟のソーマ紹介!

auto-SUVspJ.jpg

下町の定食屋「ゆきひら」では、今日も 父・城一郎と息子・創真が料理対決を繰り広げていた――。

店主の息子である中学3年生の幸平創真は、父を越える料理人になろうと店を手伝いながら修行に励んでいた。

031b6f5a.jpg


中学を卒業したら実家「ゆきひら」で料理の修行をし、父を越える料理人を目指そうとしていた創真。

だが突然の休業、そして父の提案により、日本屈指の料理学校「遠月茶寮料理學園」(遠月学園)の編入試験を受けることに。

そこは最高峰の料理人だけを育てる、卒業到達率10%以下の超絶エリート校だった……。

食戟のソーマ_-_ep01_114


創真は、学園の実力者・薙切えりなが審査員を務める編入試験を受験し、合格レベルの料理を作ったにもかかわらず、

彼女のプライドに傷をつけたことで目をつけられ、私情で不合格判定を下される。

だが、学園総帥・薙切仙左衛門は創真の実力を認め、えりなの判定を取り消して、創真を正式に編入させた。

20150511230344ea1.jpg


創真に苦手意識を持つ落ちこぼれの少女・田所恵は調理演習の授業で彼とペアとなり、退学処分を免れた。学生寮「極星寮」へと入寮した創真は、

「遠月十傑」の一人・一色慧から、遠月学園の勝負「食戟」について知る。

創真は持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。



「おあがりよ」
コスプレカラコン通販